家元 中島雅楽之都中島靖子唯是震一中島一子

初代家元 中島雅楽之都(なかしまうたしと)

正派の創始者、初代家元中島雅楽之都は1896(明治29)年3月21日京都に生まれ、6才のときから箏の道に入る。
 1913(大正2)年長野市において「正派生田流」の名のもとに、本格的に教授活動を始める。看板を掲げるにあたり、善光寺大本願・大宮智栄上人ほか地元の名士たちの後援をうけ、正統な生田流を修行した者であるという意味でつけられたのが 「正派」の名のおこりである。
 わずか17才の若さで一派をたてた雅楽之都は、7年後には東京に本拠地をうつし、日本各地はもとより旧満州国、蒙古にまで精力的に足を運んで、箏曲の普及に努めた。こうして蒔かれた正派の種は大きく育まれ、やがて全国に多くの幹部を養成する源となり、現在の組織の基盤となっている。
 一方、雅楽之都は自らも常に研鑚を惜しまずに芸と人格をみがくことに努め、《和歌の浦》《松籟譜》《四方の海》など優れた数々の作品を発表。三弦は熊本まで出向いて長谷幸輝師に師事。ここで同世代の宮城道雄と知り合い、二人の若き箏曲家は熱く芸を語り、生涯の楽友として新しい邦楽界を担っていった。ほか坪内逍遥、山田耕筰、町田佳聲、中尾都山、田辺尚雄などの各氏にも知遇を得、様々な面での教えをうけている。
 正派は、当時の箏曲界では画期的であった施策を次々と打ち出した。伝統的な口伝教授の限界を感じての公刊楽譜の発行、洋・邦楽理論をふくんだ筆記と実技を平行させた試験による准師範試験の施行、全国組織としての評議員制などであり、これらはその後、年々充実の度を増しながら現在に至り、正派の特色として高い評価をうけている。
 組織としては、いわゆる「家元制度」の長所を生かしながら、近代社会に対応できるようなあり方が求められるようになり、1956(昭和31)年9月、邦楽団体では初めて文部省より「財団法人正派邦楽会」の認可を受ける。総裁・理事長には初代家元が就任。
 また初代家元は、世界的視野に立って日本文化の積極的な担い手となる音楽家を育てるための、専門の学校が必要であると長年考えていた。この意図が周囲に理解されて、1959(昭和34)年に正派音楽院が開校され、現在までに多数の優秀な人材を世に送りだしている。
 このような正派の発展を見届けた初代家元中島雅楽之都は、長野市で一枚の看板を掲げた日から67年目の1979(昭和54)年8月17日、83才で亡くなった。  同年、その精神を受け継いで中島靖子が二代目家元・総裁・理事長に就任。初代家元が説かれた 「和の精神」 のもと、さらに会員が心をひとつにして邦楽の発展のために努力している。

二代目家元 中島靖子(なかしまやすこ)

 本名・唯是(ゆいぜ)靖子。幼少より、父・中島雅楽之都(うたしと)について箏を学ぶ。東京音楽学校(現在の東京藝術大学)邦楽科卒業。同研究科修了。在学中、宮城道雄・宮城喜代子両師に師事。また、作曲法を平井康三郎師に師事。
 1952(昭和27)年、箏の音量を拡大する「箏響台」の完成に協力し、これを用いて、平井康三郎作曲《箏と管弦楽のための協奏曲第一番》を東京フィルハーモニーと初演。また、国際音楽会議に日本代表として渡米出席。その後、カリフォルニア州モントレイ・ペニンスラカレッジに留学、卒業。
 1957(昭和32)年、箏曲家・作曲家の唯是震一と結婚。以後、数回にわたるジョイントリサイタル、作品発表会ほか音楽活動を共にする。
 1958(昭和33)年、パリ・ユネスコ国際音楽祭に日本代表として参加するなど、欧米各地で公演する。
 1979(昭和54)年、唯是震一作品による十七弦リサイタルで「芸術祭優秀賞」受賞。
 2001(平成13)年、箏曲の普及と伝承の功績により「伝統文化ポーラ賞」受賞。
 2004(平成16)年、箏曲家としてのみならず、多くの優秀な演奏家養成の功績より「松尾芸能賞邦楽優秀賞」「音楽文化振興功労賞」受賞。
 また、「合奏は一日にしてならず」という気持ちから正派合奏団を結成(1947年)して指導にあたり、正派音楽院設立(1959年)と同時に実技の主任教授となるなど、現在もなお後進の養成に力を注いでいる。
 現在、公益財団法人正派邦楽会名誉会長、二代目家元、正派音楽院院長、正派合奏団代表。公益社団法人日本三曲協会監事。生田流協会副会長。一般社団法人東洋音楽学会会員。現代邦楽作曲家連盟会員。森の会会員。
 代表作、《
交声曲 黎明(あけぼの)》《交声曲 鎮魂頌》《笛吹き女(め)》《春・夏・秋・冬の風物詩》《蕪村の和詩による 悼歌(とうか)》《十七弦独奏のための四つの即興曲》ほか歌曲・独奏曲など多数

 

唯是震一(ゆいぜしんいち)

 1923(大正12)年、北海道生まれ。小樽高商(現小樽商科大学)を卒業後、東京音楽学校(現東京藝術大学)邦楽科に入学。その後、東京藝術大学楽理科卒業(第一期生)。東京藝大在学中の1952(昭和27)年、東京新聞社主催邦楽コンクール作曲部門で第一位及び文部大臣賞を受賞。卒業後、米国ニューヨーク・コロンビア大学に留学し、ヘンリー・カウエル師に作曲を師事。後にロックフェラー財団の招聘により芸術家講師として同大学で教鞭をとる。
 箏曲家としては1970(昭和45)年からは毎年リサイタルを開いており、海外でも活躍する。これまでにニューヨーク・フィル、サンフランシスコ響等と共演、カーネギー・ホール、リンカーンセンターをはじめとした世界の主要ホールに出演。また、ユネスコ世界音楽祭、テヘラン国際音楽祭など国際音楽祭にも多く招かれている。作曲活動では1959(昭和34)年以降、毎秋作品発表会を催しているほか、『なよたけ』(主演:東山紀之)、『楊貴妃』(主演:坂東玉三郎)、『夕鶴』(主演:同)、映画『天守物語』(主演:坂東玉三郎・宮沢りえ)の音楽を担当。
 1988(昭和63)年に紫綬褒章、1995(平成7)年に勲四等旭日小綬章を受章。2007(平成19)年に日本芸術院賞を受賞。遠野市名誉市民。コロンビア大学、正派音楽院、NHK邦楽技能者育成会他で教鞭を執った。
 2015(平成27)年1月5日91歳で逝去。

 

副家元 中島一子(なかしまかずこ)

幼少より平井康三郎・丈二郎両師にピアノおよび作曲法を師事
1972(昭和47)年より父・唯是震一に、1978(昭和53)年より矢崎明子師に三弦を師事
1985(昭和60)年 第30期NHK邦楽技能者育成会卒業
1986(昭和61)年 財団法人正派邦楽会師範試験主席登第
1987(昭和62)年~唯是震一ファミリーコンサートに参加
1988(昭和63)年~正派道場にて家元助手として三弦教授
1990(平成 2)年 平成2年度文化庁芸術家国内研修員修了
1995(平成 7)年 三弦リサイタルを開催
1998(平成10)年 米国サンディエゴ、2004年同国サンフランシスコにて行われたワークショップおよびコンサートに参加
2004(平成16)年~財団法人音楽文化創造の生涯学習音楽指導員養成講習会B級の講師を務める(5年間)
2007(平成19)年 芸名を「奥田雅子」改め「中島一子」とし、副家元となる
これまで舞台をはじめ、CD「箏・三弦 古典/現代名曲集」、「三曲合奏大全集」、「昭和の作物」等の録音、NHK-FM放送ほか多数出演。
現在、公益財団法人正派邦楽会理事長、副家元、大師範、正派道場助手、正派音楽院教授。公益社団法人日本三曲協会常任理事。生田流協会常任理事。公益財団法人日本伝統文化振興財団評議員。

 

 

 


当ホームページ内の画像・テキストを含む全ての内容の無断転載を固くお断りします。 Copyright © All rights reserved.